妊娠したら気を付けること|産婦人科も様々|特色を知ることも大切になる

産婦人科も様々|特色を知ることも大切になる

夫婦

妊娠したら気を付けること

妊婦

病院が推進する栄養

妊娠中は、胎児に影響があるため生活習慣に気を付ける必要があります。中でも特に気を付けなければならないのが食事です。食事は胎児が成長していく過程で非常に重要なものであるからです。そこで、どのような食事を取ることが好ましいのか説明していきます。まず、食事内容で大切なのは、葉酸や鉄分を摂取することです。葉酸や鉄分は、産婦人科などでも摂取を推進している成分です。なぜならば、胎児の先天性の病気を防ぐ効果が期待できるといわれているからです。また、鉄分に関しては、妊娠中は、鉄分を胎児に栄養として取られます。そのため、妊娠中は貧血になりやすいです。こういったことを防ぐためにも鉄分と葉酸は欠かせない食材なのです。

おすすめの献立

それから、カルシウムやたんぱく質も非常に重要です。産まれてくる赤ちゃんの歯は、妊娠中から形成されるといわれています。そのため、出産前からカルシウムを積極的に摂取することが歯科などでも推進されているのです。また、妊娠中はホルモンのバランスで歯茎が弱くなります。歯茎が弱まると歯が欠けたり、抜けてしまったりすることもあるのでカルシウムをしっかりと摂取するようにしましょう。それから、骨や筋肉を作るうえで必要不可欠なのがたんぱく質です。特にアミノ酸は、胎児にも妊娠中の体にも大切な栄養素です。このようなことをふまえて、たんぱく質が豊富な鶏肉料理を作ることがおすすめです。献立としては、葉酸が多く含まれるほうれん草のおひたしや、野菜を多く使った味噌汁、ごはん、胸肉のソテーに牛乳などといった食材を摂取することが好ましいです。